投稿日:

開放的、一体感などを夢見てオープンな子供部屋にしたこと

まず、細かく仕切られていないので、オープンすぎて寒いということ。

階段を上がった両サイドに子供部屋があるのですが、
部屋の壁は腰上あたりまでの高さしかなく、入り口はドアがありません。

子供が小さい頃は開かれた子供部屋は、まあまあ良かったのですが、
子供が成長するにつれて、友達が遊びに来たりしたときは
オープンすぎてうるさいですし、
試験や受験の勉強時には、オープンすぎて集中しづらかったのではと思います。

途中で、壁はDIYで作りましたが、ドアはいまだにありません。

また逆に、子供が小さい頃は、子供部屋を作っても、子供が部屋にこもることはなく、
寝るだけなので、もう少しいろいろな使い道ができる部屋にしておけばよかったかなと思います。

結局、後から壁を作ったり、ドアも検討していますので、
最初からあまり変わった間取り、使い勝手の悪いつくりにはしない方がいいと思います。

基本の、どうにでも応用が利くつくりにしておいて、
その中で希望をかなえていくといいと思います。

そして何より、子供部屋として使う期間は短いです。

高校卒業後、家を出ていくことを考えると、その後の夫婦だけの生活になった時の方が長いので、
その時に使い方を変えられるようにしておくといいと思います。

あわせて読むとおすすめ⇒横浜市泉区の注文住宅