投稿日:

玄関の、靴箱上の棚部分にコンセントの差し口を作らなかったこと。

約10年前に実家を新築しました。

家族全員で何度も話し合い、案を出し合って、当初はこれ以上ないほどいい家が建てられた!と皆大満足していました。

ですがやはり暮らし始めると「ここをもっとこうすればよかった…」という点が見えてくるもので、愛着のある大切な家には変わりありませんが、失敗や後悔が全くないとは言えません。

私が「失敗したな」と感じている部分は玄関入ってすぐ、靴箱上の棚部分に、コンセントの差し口を設置しなかったことです。

お気に入りの新築住宅ですから、お気に入りのインテリアや雑貨で空間を飾りたくなるものです。

優しい光が灯る玄関なんて素敵だなと思い、小さな間接照明を飾ろうと思い立ちました。何軒か雑貨店を回ってやっと理想の間接照明に出会えたのですが、それがコンセントタイプの商品だったのです。

置きたい場所にはコンセントの差し口がない=この間接照明は使えないということに気づき、その日は何も購入せず肩を落として帰宅しました。

後日電池式の間接照明を見つけて購入し、玄関の棚に置いたのですが、しばらくは最初に出会った間接照明に未練を感じていました。

新しくお家を建てる、購入されるには、玄関の棚部分にもコンセントの差し口を作る、または可能であればそういった住宅を購入されることをおすすめします!

参考にしたサイト>>>>>岡山市北区 新築一戸建て